東北本線

ローカル線

政治家に捻じ曲げられた線路、大船渡線(鉄道)冬の旅行記

大船渡線は東北本線の一ノ関駅から気仙沼駅・大船渡駅を経て、三陸鉄道の盛駅まで至る路線です。北上山系を横断する一ノ関~気仙沼、及び海岸沿いの気仙沼~盛という、明確に2つの性質を持った路線です。2011年の東日本大震災により被災し、気仙沼~盛...
ローカル線

東北の真ん中を走る、陸羽東線冬の乗車記【新庄~小牛田】

陸羽東線は東北本線の小牛田駅と、奥羽本線の新庄駅とを結ぶ路線です。背骨のように南北に縦貫する幹線から東西方向に延びる、所謂「肋骨線」の一つで、「奥の細道湯けむりライン」の路線愛称でも知られています。仙台平野から奥羽山脈の分水嶺を越えて新庄...
ローカル線

骨密度の高い肋骨線、冬の仙山線快速列車の旅【仙台から山形へ】

仙山線は仙台駅から山形駅(実際は羽前千歳駅)へ至る路線です。東北を背骨のように南北に貫く東北本線と奥羽本線の間を横断する「肋骨線」の一つです。60㎞程度とあまり長くない路線ですが、敢えて仙山線の沿線を3つに分けると 仙台~愛子あやし...
スポンサーリンク
ローカル線

二つの顔を持つ路線、石巻線の乗車記【石巻~女川・石巻~小牛田】

石巻線は東北本線の小牛田こごた駅から石巻駅を経て、女川おながわ駅に至る路線です。小牛田から女川まで直通する列車も多いですが、石巻を境にその沿線のイメージは大きく異なります。 2020年12月中旬に、石巻から女川に行き、すぐ折り返し列...
ローカル線

【私鉄ムードのゲタ電路線】仙石線(含・仙石東北ライン)の乗車記

仙石線は仙台市内のあおば通駅から、仙台・松島海岸を経て石巻駅に至る路線です。この路線は元々「宮城電気鉄道」という私鉄だったものの、戦時中に国によって買収された経緯があります。そのため都会の私鉄の支線のような雰囲気が漂っています。 以...
東日本の車両

「日光」で円熟した元空港特急、253系とその時代【長野電鉄の個室含む車内や座席など】

悲願のターミナル直通を果たした成田エクスプレス 空港アクセス特急「成田エクスプレス」 1978年に開港した成田空港への鉄道アクセスは、当初は国鉄(当時)による「成田新幹線」が計画されていました。しかしその構想は沿線の激しい反対...
時刻表深読み

ヨン・サン・トオの白紙ダイヤ改正、生まれ変わった東北本線を走る特急列車

昭和30年代~40年代にかけて、当時の国鉄では大規模なダイヤ改正が何度か行われました。その中でも代表的なものとして、「ヨン・サン・トオ」の白紙ダイヤ改正(昭和43年10月)があります。この改正では全国の幹線の複線化・電化、そして軌道強化が...
旅行術

青春18きっぷで東京から青森へ、普通列車でのおすすめルートを比較【所要時間や車窓など】

首都圏から普通列車で東北の青森駅を目指す際に候補となるルートについて、所要時間や車窓などを比較検討します。本記事では主要幹線だけでなく、ローカル線を経由したパターンも紹介します。 1964年10月号の交通公社の時刻表より。上野~青森...
幹線

青森へのバイパス路線、奥羽本線の旅【車窓・見所や駅弁について】

奥羽本線は福島駅から山形・秋田を経由して青森駅までを結ぶ路線です。相次ぐ新幹線の開業によって、今や何とも一貫性のない路線となっていますが、青春18きっぷ利用者にとっては東北本線のバイパス線のような役割もあります。 2019年12月中...
ローカル線

【東北の高原列車】冬の花輪線の雄大にして情緒ある車窓

花輪線はIGRいわて銀河鉄道の好摩駅から奥羽本線の大館駅までを結ぶ路線です。太平洋側から日本海側へと奥羽山脈の分水嶺を越えるため、全国的にも屈指の山岳路線となっています。2019年の12月に盛岡駅から花輪線の列車で大館駅を目指しました。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました