ローカル線

その路線の車窓やダイヤについて、基本的に全区間に渡って紹介しています。
ここで言う「ローカル線」の明確な定義はありませんが、優等列車の運転が無い、あるいは都市間輸送より観光輸送に主眼が置かれている、などの一般的な傾向がある路線です。

ローカル線

地味だが奥深い車窓のローカル線、米坂線の乗車記【米沢→坂町】

米坂線は奥羽本線の米沢駅(山形県)から羽越本線の坂町駅(新潟県)を結ぶ路線です。山に囲まれた盆地から険しい行路を経て日本海側へ抜けるという、緩急のコントラストが明確でかつ、ドラマチックさもある路線です。 米坂線の概略を先に示すと ...
ローカル線

6両の混雑するローカル線、左沢線の乗車記【山形~左沢】

左沢線あてらざわせんは奥羽本線の北山形駅から左沢までを結ぶ路線で、列車は山形を起点にしています。地元の人以外で「あてらざわ」と正しく読める人は、おそらく鉄道ファンでしょう。 山形盆地を走り、その途中にはサクランボの生産で有名な寒河江...
ローカル線

海よりも見応えある北浦橋梁、鹿島線・鹿島臨海鉄道の乗車記【佐原~水戸】

鹿島線は成田線の香取駅(千葉県)から茨城県の鹿島神宮駅に至るJRの路線です。利根川や北浦を近代的な橋梁で渡る、短いながらもダイナミックな車窓が印象的です。 それに接続する鹿島臨海鉄道大洗鹿島線(以下、鹿島臨海鉄道)は、鹿島灘に沿って...
スポンサーリンク
ローカル線

鉄道最高所を走る高原列車、小海線初春の普通列車乗車記【小淵沢~小諸】

小海線は中央本線の小淵沢駅こぶちざわ(山梨県)と、しなの鉄道の小諸駅こもろ(長野県)とを結ぶ路線です。「八ヶ岳高原線」の愛称にもある通り、八ヶ岳の山麓の高原を走り、特に沿線の清里は夏の保養地としても知られています。また、何よりも小海線を有...
ローカル線

ワイドビューふじかわと普通列車、身延線の乗車記【富士~甲府】

身延線は東海道本線の富士駅と中央本線の甲府駅を結ぶJR東海に所属する路線です。フォッサマグナの西端、糸魚川ー静岡構造線に沿って走り、戦前に地方私鉄として開業した歴史を持つので線路の規格が厳しく、ローカル線らしい雰囲気を味わうことができます...
ローカル線

リバティ会津&AIZUマウントエクスプレスの乗車記、会津鉄道経由で会津若松へ

東京から鉄道へ東北地方へ行く場合、最も一般的な東北新幹線(東北本線)や常磐線が考えられますが、意外なルートとして東武鉄道や会津鉄道で会津地方に出る方法があります。時間がかかり利用できる列車の選択肢も限られているのが難点ですが、景色は他のル...
ローカル線

本州の最果てへ、大湊線快速「しもきた」冬の乗車記【野辺地~大湊】

大湊線は東北本線の野辺地駅から大湊に至る青森県の路線です。斧の形をした下北半島の柄の部分を北上していきます。陸奥湾に面した人口の希薄な砂丘を走り、まるで北海道の岬のような風景を楽しむことができます。 2020年12月中旬に八戸を起点...
ローカル線

三陸海岸の北端、冬の八戸線普通列車の乗車記【久慈~八戸】

八戸線は岩手県の久慈駅から青森県の八戸駅を太平洋に沿って結ぶ路線です。この路線は宮城県の気仙沼線BRTから続く、三陸縦貫線の最北部を担う存在でもあります。あまり長くはない路線ですが、その特徴ごとに3区間に分類すると 工業都市八戸市内...
ローカル線

震災から復旧した三陸鉄道、全線走破の乗車記【盛~久慈】

三陸鉄道(盛~久慈)は三陸海岸に沿って走る岩手県内の路線です。その魅力はやはり太平洋とリアス式の海岸線ということになりますが、2011年の東日本大震災から復興を進める沿線の地域社会を垣間見られる点にもあります。 三陸鉄道の運行形態は...
ローカル線

日本のチベットを往く山田線、快速「リアス」の乗車記【盛岡~宮古】

山田線は現在の東北本線の終点、盛岡駅から東に北上高地を越えて太平洋側の宮古駅に至る路線です。この路線の特徴は何といっても、かつて「日本のチベット」と呼ばれていた超過疎地域を走ることです。市街地が展開するのは盛岡と宮古の周辺だけで、その人里...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました