ローカル線

その路線の車窓やダイヤについて、基本的に全区間に渡って紹介しています。
ここで言う「ローカル線」の明確な定義はありませんが、優等列車の運転が無い、あるいは都市間輸送より観光輸送に主眼が置かれている、などの一般的な傾向がある路線です。

ローカル線

本土横断叶わず廃止の危機、越美北線で長閑な車窓の旅【福井~九頭竜湖】

越美北線は北陸本線の越前花堂駅(福井駅の一つ米原寄りの駅)から九頭竜湖くずりゅうこ駅に至る路線です。正式名称の他にも「九頭竜線」の愛称で知られています。川に沿って山奥へと分け入るローカル線で、途中に戦国時代の朝倉氏の遺跡がある一乗谷や、小...
ローカル線

【水戸→郡山】復旧した水郡線の旅、常陸大子駅で駅弁「奥久慈しゃも弁当」を購入

水郡線は常磐線の水戸駅から東北本線の郡山の一つ手前の安積永盛駅あさかながもりに至る路線です。「奥久慈清流ライン」という愛称が示す通り、この路線の魅力は久慈川沿いの穏やかな風景にあります。2019年の台風の影響で部分運休していましたが、20...
ローカル線

劇的に移り変わる景色、大糸線普通列車の旅【松本→糸魚川】

大糸線は篠ノ井線の松本駅(長野県)から、地質構造で日本列島を東西に分けるフォッサマグナに沿って、日本海側の糸魚川駅いといがわ(新潟県)に至る路線です。全長100㎞少々とそれほど長くないローカル線ですが、以下のように明確な個性を持つ3つの区...
スポンサーリンク
ローカル線

日本のふるさと、飯山線普通列車の乗車記【越後川口~長野の車窓など】

飯山線はしなの鉄道の豊野駅とよの(長野県)と上越線の越後川口駅えちごかわぐち(新潟県)とを結ぶ路線です。日本屈指の豪雪地帯を走る路線としても知られています。飯山線の沿線概況は 魚沼丘陵を越える、越後川口~十日町信濃川沿いの豪雪地帯を...
ローカル線

快速「あいづ」自由席でゆく、磐越西線の乗車記【会津若松→郡山】

磐越西線は信越本線の新津にいつ駅(新潟県)から会津若松駅を経て、東北本線の郡山こおりやま駅(福島県)へと至る路線です。会津若松駅で運転系統が分かれ、諸々の要素も大きく変わるため、当サイトでは別個に記事を作成しています。本記事では会津若松~...
ローカル線

急行を彷彿とさせる快速「あがの」、磐越西線の乗車記【新潟~会津若松】

磐越西線は東北本線の郡山駅(福島県)から、会津若松駅を経て新津駅にいつ(新潟県)に至る路線です。この路線は会津若松駅を境にして大きく運転系統が分かれており、路線の性質・車窓風景・車両のいずれも異なるので、事実上は別々の路線であるようなイメ...
ローカル線

地味だが奥深い車窓のローカル線、米坂線の乗車記【米沢→坂町】

米坂線は奥羽本線の米沢駅(山形県)から羽越本線の坂町駅(新潟県)を結ぶ路線です。山に囲まれた盆地から険しい行路を経て日本海側へ抜けるという、緩急のコントラストが明確でかつ、ドラマチックさもある路線です。 米坂線の概略を先に示すと ...
ローカル線

6両の混雑するローカル線、左沢線の乗車記【山形~左沢】

左沢線あてらざわせんは奥羽本線の北山形駅から左沢までを結ぶ路線で、列車は山形を起点にしています。地元の人以外で「あてらざわ」と正しく読める人は、おそらく鉄道ファンでしょう。 山形盆地を走り、その途中にはサクランボの生産で有名な寒河江...
ローカル線

海よりも見応えある北浦橋梁、鹿島線・鹿島臨海鉄道の乗車記【佐原~水戸】

鹿島線は成田線の香取駅(千葉県)から茨城県の鹿島神宮駅に至るJRの路線です。利根川や北浦を近代的な橋梁で渡る、短いながらもダイナミックな車窓が印象的です。 それに接続する鹿島臨海鉄道大洗鹿島線(以下、鹿島臨海鉄道)は、鹿島灘に沿って...
ローカル線

鉄道最高所を走る高原列車、小海線初春の普通列車乗車記【小淵沢~小諸】

小海線は中央本線の小淵沢駅こぶちざわ(山梨県)と、しなの鉄道の小諸駅こもろ(長野県)とを結ぶ路線です。「八ヶ岳高原線」の愛称にもある通り、八ヶ岳の山麓の高原を走り、特に沿線の清里は夏の保養地としても知られています。また、何よりも小海線を有...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました